マインドブレイクの法則の著者恩多限 陽(おだぎりよう)・パーパスアイは人間関係 カウンセリングや経営者悩み,瞑想やテラヘルツ 鉱石。人や会社の運命を変える

個人セッション テラヘルツサイエンス

コーチング・カウンセリング 猜疑心(妄想性パーソナリティ障害

コーチング・カウンセリング 猜疑心(妄想性パーソナリティ障害

職場の人間関係、人間関係を健全に。

円滑な人間関係、職場環境のために、知っておきたいメンタルヘルス。

今回は妄想性パーソナリティ障害の特徴について記載いたします。
※内容情報はAllAbout 健康・医療より

妄想性パーソナリティ障害は、他人への猜疑心が容易かつ頻繁に生じてしまう病気。対人関係が損なわれ、仕事、家庭面で深刻なトラブルが深刻になりやすい傾向があります。妄想性パーソナリティ障害の特徴、症状、治療法を詳しく解説します。

何かがきっかけで不意に芽生える猜疑心。「何かがおかしい……」「あの人は、自分を利用しているだけなのでは?」

こうした猜疑心は、身の周りの危険を察知するべく人間の生存本能に組み込まれたモノなのでしょう。悪い話にだまされないためにも、疑うことが必要なときもあります。しかし猜疑心が自分の間違った直感から生じ始めると、なかなか厄介です。

例えば疲れている旦那さんのために、奥さんが夕食で腕をふるったとします。この食事を見たとき、旦那さんがニコリともせず厳しい表情を浮かべ、「ひょっと したら妻は浮気をしていて、これはその罪滅ぼしなのではないだろうか?」と、浮気をするはずもない奥さんを深く疑ってしまうような状態では、平穏な結婚生 活を送るのは難しいかもしれません。このような状態が酷くなってしまった場合、「妄想性パーソナリティ障害」を発症している可能性もあります。

妄想性パーソナリティ障害の特徴・原因

妄想性パーソナリティ障害の大きな特徴は、対人関係において、相手への不信感、猜疑心が、容易かつ頻繁に生じること。こうした傾向は、多くの場合20代までに顕著になり、仕事、家庭面で何らかのトラブルが生じやすくなります。

妄想性パーソナリティ障害の頻度は、人口の0.5~2.5%で、男性に多く見られます。妄想性パーソナリティ障害の原因自体は不明です。

 

妄想性パーソナリティ障害の症状

妄想性パーソナリティ障害では以下のような症状が見られます。

  • 誰々が自分に良からぬ事を企んでいると、思い込みやすい
  • 周りの人間が、自分に何か良からぬ意図を抱いていないかどうか、心配になりやすい
  • 他人に利用される事をおそれるあまり、自分の個人情報を他人に教えるのを非常に嫌がる
  • 自分の周りの出来事を被害妄想的に解釈しやすい
  • 他人が自分に向けた、ネガティブなコメントは、たとえ、それが言葉の綾のようなモノであっても、簡単に聞き流さず、深刻に受け止めてしまう
  • 自分の体面が傷つけられたと感じた時には、たとえ、それが、他人の目から見れば、些細な事であっても、躊躇なく、怒りを相手にぶつけてしまうなど、過剰に反応しやすい
  • パートナーが貞淑であったとしても、不貞をしているのではないかと、疑念が頻繁に生じやすい

 

妄想性パーソナリティ障害の治療法

妄想性パーソナリティ障害になると、他人への不信感が強くなるため、そもそも、専門家に治療してもらうという選択を自らすることはあまり期待できません。 たとえ家族からの要請で精神科やカウンセリングルームを受診したとしても、治療の現場でも医師、カウンセラーなどへの不信感が生じやすく、これは治療効果 を妨げる大きな要因になります。例えば、医師が少しでも約束の時間に遅れると「自分を軽く見ている!」と感じ、以後、その医師に対して強い不信感が持続し てしまう可能性があります。

妄想性パーソナリティ障害の基本の治療方法は心理療法。日常生活で心を苦しめている問題や、対人関係を深刻に阻害する、他人への強い不信感に対処していきます。

薬物療法が必要かどうは個々人の病状によりますが、憤りや不安感が認められるときには抗不安薬、また、被害妄想的傾向が強まっている時には抗精神病薬、さらに、気分が大きく落ち込んでいる時には抗うつ薬……など、状況に応じて、治療薬が選択されます。

妄想性パーソナリティー障害の経過は個人差が大きいですが、一般に、他人への強い不信感は、仕事、結婚生活でのトラブルの元です。場合によっては、統合失調症の前触れのこともあるので、早期に精神科(神経科)を受診することが望ましいです。

ただ、病的猜疑心に限らず、自分の考えに潜む不合理性は、他人には明らかであっても、自分では分かりにくいもの。トラブル続きの場合は、自分の思考の合理 性を疑ってみると、思わぬ気付きが得られるかもしれません。その際、思考の合理性を取り戻すために精神科を受診することは、トラブルを回避する手段となる という点は、ぜひ留意しておきましょう。※以上内容はAIIAbou 健康、医療より

 

健全な、成長段階の猜疑心、不信感

自分が大きく変化する前、成長段階によって

猜疑心、不信感が出ることがあります。
こちらは、チャンス、または好転する方向へと革新することが出来ます。

その場合、こちらへお問い合わせください。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

リラクゼーション ブログランキングへ

アクセスアップ

関連記事

運をもっとよくしたい。仕事運、金運、恋愛運、結婚運、人間関係運がよくなりたい。あまり運が良くない分野には潜在意識奥深くに、無意識の被害者意識が隠れています。この被害者意識を変えることで人生が好転していきます。人生を変えたいならば、私達専門家にお問い合わせください。
■人間関係 仕事でお勧めしておりますのが『好転マインドブレイクセッション』。23年以上、7万37件の方にご受講いただいています!人生を変えたい方にもお勧めしています。
人生を変える好転マインドブレイクセッションはこちらです

『運命が好転すれば、人生は開運する』

★まずは自己診断と適切な深層アドバイス★無料で即回答!無料診断シートを。■アドバイスと診断結果をすべて無料プレゼント中!こちら
※パソコンから回答致します。受信できるようお願いします。(しばらくたっても回答がない場合は、再度お試し下さいませ。)

説明


top_03_2 引き寄せの法則・願望実現

 

 

中途半端なマインドブロック解除はしない。それが賢い成功ポイントの流儀。

ページ上部へ戻る